不妊治療でhappy Home~明るく幸せな家庭をプロデュース~

GALLERY

妊婦には葉酸が必要

妊娠中は不安にならないよう妊娠外来を受診し,どのようなことを気を付けると母体にも胎児にも負担がないか最新の情報を聞くことをお勧めします。妊娠外来は大学病院などの各分野の専門家が集まる大学で行われています。

体外受精について

体外受精は高額な費用がかかってしまう不妊治療方法ですが、自治体から出されている助成金を申請する事で安く受けることができます。年齢制限や受け取り回数が決まっているため確認が必要となります。

妊娠するために

排卵日検査薬を利用して大体の排卵日を特定させましょう。妊娠に一番大切なのはタイミングでもあります。なかなか妊娠しない人はタイミングが合っていない可能性が高いので排卵日検査薬を上手に利用することも大切だと言えます。

不妊治療の傾向と治療

元気な赤ちゃんを早く産みたい時には排卵日検査薬を試してみましょう。排卵日を特定することで妊娠しやすい時期を特定できますよ。

体外受精を受けるには

晩婚化が進み、高齢出産の件数とその裏で不妊で悩む夫婦が増えています。不妊の原因は男女半々にあると言われており、女性は特に35歳を過ぎると妊娠しづらくなります。結婚して普通に生活をして2年が過ぎても子供を授からない場合は不妊治療を考えても良いかもしれません。現代は医療も進化し、治療法も様々あります。タイミング法、人工授精、体外受精、顕微授精など夫婦の健康状態を検査してどの治療が合っているかを医師と相談して決めます。体外受精では1つの卵子と1つの精子があれば妊娠できると言われていますが技術は更に向上しています。例えば夫の精子がいなくてもその細胞を取り出して体外受精をし、妊娠できる可能性があります。

不妊治療を受けるには、病院やクリニックの婦人科や泌尿器科を受診します。検査や治療は夫婦で同時進行すると結果が早く分かるので、両方兼ねている医療機関を一緒に受診するとスムーズです。基本は保険制度の適応外なので自費診療になります。金額は各医療機関にて独自の設定があるので違いがあります。比較的にタイミング法・人工授精までは費用も安く済みますが、体外受精・顕微授精となると負担が大きくなります。住んでいる町の市町村によって助成制度を設けている地区もあるので、利用してみると良いでしょう。また体外受精・顕微授精ができる医療設備が整っているかどうか、助成制度の指定医療機関であるかなど、事前に調べておくと良いです。

↑ PAGE TOP