不妊治療でhappy Home~明るく幸せな家庭をプロデュース~

妊婦には葉酸が必要

葉酸は妊娠前から大切

今日できちゃった結婚が多いですが、それは赤ちゃんにかなりのリスクが生じます。作る予定がなかったため、薬物による影響や精神的負担からホルモンバランスが崩れやすいと言われています。赤ちゃんがほしければまず病院で相談しどのような方法をとるべきか説明を受けるべきです。 一般的に妊娠中葉酸を取ることが推奨されています。しかしそのことを知っている方は少なく、勘違いされている方も多いです。 妊娠外来を受診されると説明されることですが、葉酸は受精する1か月ほど前から服用しなければ効果が弱くなります。 妊娠外来は産婦人科などの紹介で大学病院などの専門家がいるところで開催されることが多いです。 医師だけでなく薬剤師も関わっており、薬についての相談もできます。

妊娠外来が人気ない理由

妊娠外来は子供を授かりたい方にとっては1回でいいので受診すべきです。 葉酸による二分脊椎症という背中に脊髄の瘤ができ、切除しても下半身まひになる可能性がある先天性異常を防ぐために葉酸を普段の量プラス400μgとると良いなどの説明をしてくれます。 しかしこのサービスは浸透していないことと費用が自由なため1万円かかる病院もあるため受診率は低いです。 しかしこのサービスを受けた方は妊娠成功率が高まるだけでなく、奇形児発症率が一般的な場合と比べ低く、妊娠中の食事や薬の服用について説明があるため知っている方には人気です。 特に一生に一度聞いていれば、2人目でも使えます。ただし持病があり薬を服用しているなどの場合は受診した方からの話だけでは不十分であるため、一度受診された方がいいと思います。

↑ PAGE TOP