不妊治療でhappy Home~明るく幸せな家庭をプロデュース~

体外受精について

不妊治療にはいくつかの段階があり、その人の症状に合わせて治療を行っていきます。初期段階は排卵日を特定したタイミング法であり、その次が人工受精、そして体外受精とステップアップして行くのです。 不妊治療はほとんどが自費治療となってしまい、体外受精となると60万円以上の費用がかかってしまうこともあるのです。 そのため体外受精をお得に利用するためには、自治体の助成金を利用することです。住んでいる自治体によって助成金の金額が異なっています。 すべて助成金で支払われると言う事は無いのですが、助成金があることによって助かっている人もとても多いため体外受精を受けた場合には必ず利用するとお得に利用する事ができるのです。

体外受精は高額な費用がかかると言う事は知っている人も多いと思いますが、その平均価格は大体60万円ほどとなっています。 体外受精はまず質の良い卵を作っていくために1本5千円ほどの注射を何本か打っていくことがあり、また卵ができたら採卵するのですが採卵の費用は大体25万円ほどかかります。 採卵した卵を今度は受精させ、受精し成長した卵を今度は身体の中に戻していくのです。受精させる費用、そして身体の中に戻す費用、また受精させた卵をすぐに移植できない場合や、数が多い場合には凍結保存する必要があります。 卵を凍結保存する費用は卵1つにつき、大体5万円ほどかかるのです。凍結する卵の数が多ければその分費用もかかってくるのです。

↑ PAGE TOP